がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

ピンポイントで攻撃が可能

ドクター

今までに無い放射線治療

サイバーナイフという言葉をお聞きになったことがありますでしょうか。サイバーナイフとは、がん治療に用いる定位置放射線治療装置のことです。そして、これにより今までに無い放射線治療が可能になりました。過去にもがんの放射線治療は行われてきましたが、がん組織にだけ放射線を照射することがとても難しいため、適用できる症例が少なかったのです。しかし、サイバーナイフを使用すれば、がんに対してピンポイントで攻撃が可能になるのです。それも様々な方向から放射線を照射できますから、がん組織を死滅させる効果が非常に高いと言えます。ただし、どうしても治療ができないがんもありますから、サイバーナイフが適用可能かどうかはインターネット等で調べてみる必要があります。

適用可能ながん

サイバーナイフを使ったがん治療のメリットは、皮膚を切開せずに治療ができるところと、通院でも治療が可能なところです。ちなみに、サイバーナイフの適用可能ながんについては、今のところ下記のとおりとなります。まずは頭蓋骨内にできた腫瘍と頭部や頸部にできた腫瘍、そして原発性と転移性を問わず肺がんや肝臓がんとなります。そして、サイバーナイフをこれらのがん治療に用いる場合は、健康保険が使えることになります。現在サイバーナイフは、その他のがん治療にも利用する方向で治療実験等が進んでいますから、今後はさらに多くのがんに対して適用可能になるはずです。実際にサイバーナイフによるがん治療を受ける場合は、サイバーナイフを完備している病院をインターネットで探してみましょう。

RECOMMEND POST

自律神経が乱れる症状です

悩む人

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

免疫細胞療法の一種

看護師

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

がんの末期症状

医者と看護師

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

手術判断が大事

聴診器

様々な臓器で発生するがんですが、転移する特徴が最も恐れられています。転移前に治療をするためには、早期発見のための定期検診が必要です。万が一転移していても、従来のがん治療だけでなく、自身の免疫システムを活性化させる名駅療法を活用することで、転移がんも治療可能です。

Copyright© 2017 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.