がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

咽頭にできるがんとは

医者

咽頭がんは、自覚症状があらわれないことが多く、あらわれた時には病気がかなり進行していることが考えられます。咽頭がんの症状は、それが発症した咽頭の部位によって違ってきます。咽頭の上部にがんが発症すると、視力が落ちたり難聴や耳鳴りなどの症状があらわれます。また、脳神経が麻痺する場合もあり、そのため頭痛や神経痛などの症状が引き起こされたりします。それに痛みがひどくなり、食べ物を飲み込めなくなったりもします。扁桃腺のある中咽頭にがんができると、扁桃腺に炎症が起こり痛みを伴う腫れが起きます。咽頭の下部のがんは、呼吸を阻害したり声枯れを引き起こしたりします。それに首のリンパ節に転移したりしてしこりができることもあります。

一般的ながんの治療は、外科療法でがん細胞を切除する手術が行われます。咽頭がんの場合は、放射線療法や化学療法がおもに行われます。それは、咽頭がんがほかの部位のがんと違って放射線や抗がん剤の効果が高いという利点があるからです。それに、咽頭が呼吸や発声、食物を飲み込んだりする機能を持つのでそれをなるべく損なわないためでもあります。放射線療法は、がんの腫瘍に放射線を照射してがん細胞を死滅させることができます。がんが小さい場合はレーザー照射をすることもあります。化学療法は、抗がん剤を使って治療していく方法で、放射線療法と合わせて行う場合もあります。がんが大きい場合は、外科療法でメスを使った手術が行われます。

RECOMMEND POST

自律神経が乱れる症状です

悩む人

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

免疫細胞療法の一種

看護師

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

がんの末期症状

医者と看護師

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

手術判断が大事

聴診器

様々な臓器で発生するがんですが、転移する特徴が最も恐れられています。転移前に治療をするためには、早期発見のための定期検診が必要です。万が一転移していても、従来のがん治療だけでなく、自身の免疫システムを活性化させる名駅療法を活用することで、転移がんも治療可能です。

Copyright© 2017 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.