がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

再発や転移はがんの特徴

ドクターとナース

転移は悪性の象徴

がんは早期発見を行い早期に治療することでその後の生存率が高くなっています。しかし早期の治療を行っても再発する可能性がある厄介な病気なのです。再発はがんの細胞をすべて取り切れずに再び発症してしまうことです。同じ場所に成長しがん細胞が大きくなるケースや、違う場所に転移する場合もあります。転移がんは転移する性質を持ったがん細胞です。がん細胞には転移する性質を持ったものと転移する性質を持たないがんがあります。転移がんはがんの中でもたちの悪い悪性のがん細胞になります。がん細胞は眼に見える程度になると既に数億のがん細胞を持っています。そのためいくら早期発見といっても肉眼で見える程度のものを指すため、すでに転移する可能性は高くなっているのです。

部位によって転移率は違う

がんの再発にしても転移がんにしても、その進行速度はがんの性質や患者の年齢などによって異なります。しかし転移をする性質を持っているがんは一つ目の癌細胞の切除手術を行った際にはすでに他の臓器に転移して成長を始めている場合もあります。その場合には数年後に再びがん細胞として見つかることになります。がんの種類により転移がんである可能性の大小があります。皮膚がんや前立腺がん、甲状腺がん、乳がんなどは転移する可能性の高いがんです。一方すい臓がんや胆のうがん、肝臓がんなどは転移する可能性の低いものとなっています。再発すると生存率は極めて低くなります。それが転移によるものであればさらにその先も転移する可能性が高く、生存率が低くなるのです。

RECOMMEND POST

自律神経が乱れる症状です

悩む人

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

免疫細胞療法の一種

看護師

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

がんの末期症状

医者と看護師

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

手術判断が大事

聴診器

様々な臓器で発生するがんですが、転移する特徴が最も恐れられています。転移前に治療をするためには、早期発見のための定期検診が必要です。万が一転移していても、従来のがん治療だけでなく、自身の免疫システムを活性化させる名駅療法を活用することで、転移がんも治療可能です。

Copyright© 2017 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.