がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

新種の病原体を検出

病院

少量で短時間で結果を得る

私たちの体内には外部から様々な細菌やバクテリアが侵入しています。それらから体を守るのは免疫のシステムです。場合によっては、新しいタイプの病原菌が侵入することもあり、私たちがもともと持っている免疫のシステムでは守ることができないタイプのものもあります。そこで、血液中に含まれる病原体を特定する必要があります。それが免疫沈降です。免疫沈降は、もともと生化学の研究でよく使われる分析手法です。今後はこの免疫沈降の手法に改良が加わり、より少量の血液サンプルから、そしてより短時間で分析結果が出る手法が登場すると予測されています。実際に現時点でも、沈降させるためのビーズの改良が進められており、磁気ビーズを用いた抗体が使われるようになっています。

血液サンプルは綺麗にする

この免疫沈降を用いた病原体の検出には、工夫することでメリットがあります。その一つが、ある特定の病原体の存在が疑われる場合、それを検出する抗体を「複数」の種類用意して免疫沈降をおこなうことです。その理由は、それぞれの抗体が認識する抗原は、常に一つではなく、ほかの抗原を認識してしまうことが時々あるためです。複数の抗体を用いることで、より正確な結果を得ることができます。もう一つが、免疫沈降を行う対象である血液サンプルを事前に綺麗にしておくことです。免疫沈降は遠心分離によって特定の病原体を沈ませる方法です。そのため、血液サンプル中に何らかの重い質量をもった物質があると、それも、遠心分離によって沈んでしまい、最終的な結果に影響与えてしまいます。

RECOMMEND POST

自律神経が乱れる症状です

悩む人

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

免疫細胞療法の一種

看護師

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

がんの末期症状

医者と看護師

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

手術判断が大事

聴診器

様々な臓器で発生するがんですが、転移する特徴が最も恐れられています。転移前に治療をするためには、早期発見のための定期検診が必要です。万が一転移していても、従来のがん治療だけでなく、自身の免疫システムを活性化させる名駅療法を活用することで、転移がんも治療可能です。

Copyright© 2017 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.