がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

胆のうの悪性腫瘍

相談

原因と予防

右上腹部に存在する胆のうは、胆管の途中にある袋状の臓器です。胆のうや胆のう管に発生する悪性腫瘍のことを胆のうがんと言います。悪性腫瘍以外にも、腺腫やポリープなどの良性腫瘍も発生することもあります。胆のうがんが発生する原因は、胆石、高齢、膵胆管合流異常などです。胆管に胆石が存在している場合、そのうち約1割程度が胆のうがんを発症すると言われています。胆のうがん患者の場合では、半数以上の患者に胆石が存在しています。膵胆管合流異常とは、胆管と膵管が合流する部分に見られる先天性の異常のことです。膵管内の膵液が胆管に逆流するために胆のうがんになりやすいとされています。これらの原因以外にも、食生活の乱れによっても胆のうがんを発症する可能性が高くなると言われています。特に脂っぽい食事を好んで食べている人は注意が必要です。魚、野菜、果物などを積極的に摂取することで、発症リスクを下げることができます。

胆のうがんは他のがんと同じように40歳代から発症リスクが高くなり、50歳代から急激に患者数が増加し、死亡率も高くなります。高齢化社会に突入している現代においては、必然的に患者数も増加傾向にあると考えられます。しかし、医療の進歩によってがんの早期発見確立が格段に上がっているため、初期段階での治療を行えるようになってきています。胆のうがんは初期症状が乏しいため、発見が遅れることが多いとされていますが、健康診断や人間ドックなどを忘れずに受けていれば、早期に発見することができるので、すぐに適切な治療を受けることができます。最近では健康志向の人が増えていることもあり、胆のうがんをはじめとしたがんの早期発見率が非常に高くなっています。これから先も健康志向の人が増えると予想されるため、胆のうがんによる死亡数は減少していくと考えられます。

RECOMMEND POST

自律神経が乱れる症状です

悩む人

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

免疫細胞療法の一種

看護師

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

がんの末期症状

医者と看護師

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

手術判断が大事

聴診器

様々な臓器で発生するがんですが、転移する特徴が最も恐れられています。転移前に治療をするためには、早期発見のための定期検診が必要です。万が一転移していても、従来のがん治療だけでなく、自身の免疫システムを活性化させる名駅療法を活用することで、転移がんも治療可能です。

Copyright© 2017 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.